商品検索
ショッピングカート
HOME > サッカー

サッカー

商品一覧ページヘは画像をクリックして下さい。


サッカーボールの通販お買い物や商品に関するよくあるご質問は ここをクリック


アディダス サッカーボールのなるほど!な魅力・・・

常に進化し続けるアディダスのサッカーボールは多くの国際大会で採用されています。様々な国際大会で使用されるその秘密とは・・・
1948年にドイツ郊外でアドルフ・ダスラーが設立したアディダス社は、1965年にテニスシューズ「スタン・スミス」の原型を1970年にはバスケットシューズ「スーパースター」を発表しました。その後は発展し続け、売上高で世界一になった事もあるスポーツ用品メーカーとなりました。
近年では2006年のドイツワールドカップでの大会公式試合球として“+チームガイスト”が採用され、2007年には中国女子ワールドカップそしてJリーグの公式試合球となっています。「ガイスト」とはドイツ語で精神・スピリットを意味し、「+」には”共に戦えば強くなる”との意味があります。
このサッカーボールは従来、五角形の革12枚と六角形の革20枚を人の手で縫い合わした製造方法を、曲線のプロペラタイプとロータータイプのものに変更しました。そして特殊な接着剤とサーマルボンディングと呼ばれる熱接合技術を採用し、微妙な凹凸が少なくなりより滑らかな球体になりました。表面の凹凸を無くしたので、キックの精度を向上させています。


モルテン サッカーボールの品質の秘密に迫る!

1958年に創立されたモルテン社は、世界的なスポーツ用品メーカーとなりました。特にサッカーなどのボールは国際大会などで公式試合球として使用されることも多いです。 その高い品質と性能は・・・なるほど!
世界的なスポーツ用品メーカーであるモルテン社ですが、スポーツ用品の開発で培ったノウハウを活かして、自動車部品や建設資材などの製造も手掛け、近年では高齢化社会に対応した医療福祉関連用品の製造にも力を入れています。
さまざまな分野で培ったノウハウと高い技術力をサッカーボールなどボールの開発・製造に力を注ぎ、それらが評価されて数多くの国際大会で公式試合球として採用されています。そんな独自の高い技術力とは・・・(一部商品に採用されています)
パーフェクトバランス・・・
ボールの重量バランスの均一化を実現し、回転時のボールのブレを最低限に抑えられています。
高印刷耐久性・高耐摩耗性・・・
ボールの表面を特殊コーティングして表面の摩耗を最小限に抑え、ロゴやマークが使い込んでも落ちにくくなっています。またアンダーグラスプリントという耐久性の高い手法による印刷が白・黒パネルに施されています。
低吸水構造・・・
雨天時のプレーで水を吸収しにくい構造により、ボールが重くならず、晴れた日と近いコンディションでプレーができます。 また、2006年に開催されたFIFAワールドカップドイツ大会の公式球「チームガイスト」や南アフリカ大会の公式球「ジャブラニ」などは、モルテン社からアディダス社に技術提供されて生まれた製品です。

スポーツ店営業案内

サッカーボール.jp
バスケットボール.jp
バレーボール.jp
e-テーピング.com
サッカーユニフォーム.jp

 

上へ ↑